『いきさつ』

8月252010

夏の高校野球が終わり・・・

投稿者: 8:29:40 カテゴリ:所長ブログ(New)

2010年8月25日(水)


甲子園も終わり、何となく寂しさを感じる野球ファンは多いでしょう。

暑い最中の夏の選手権大会は、暑さとの相乗効果でより胸が高まるものがあります。


今夏の島根県代表は開星高校。

1回戦で北の強豪、仙台育英と対戦し後1歩で勝利が・・・するりと逃げてしまった。


野球にエラーは付き物であり、仕方ないのです。

しかも、仕方ないでは済まない・・・と、徹底的に練習した上で起こる事故でもあります。

そして、大事な所でエラーが出ると負ける・・・・良くある事です。



先週末の土日は、島根県各地で高校野球の地区リーグ戦が行われました。

夏の選手権地区大会で負けると、その翌日からは新チームとなります。

この地区リーグ戦は新人戦みたいなものです。


松江地区では4つのゾーンに別れて行われました。

2日目は、各ゾーンの1位、2位、3位、4位が各グループで勝ち抜き戦を行いました。


晃洋が所属する松江商業は、初日は松江商業グラウウンドで

松江西高、松江高専との3校でのリーグ戦を、2勝で1位通過。


翌日の日曜日は、松江北高グラウウンドで

松江北高、開星高校、松江農林、松江商業の4校で1位決定戦に臨んだのです。


1試合目は、松江北-開星。

松江北2-13開星・・・5回コールド。


2試合目は、松江商-松江農林。

松江商業の場合、元々かなりの2年生がレギュラーにいた為に大きな戦力ダウンにはなっていない。

とは言っても野球はチームスポーツであるが故に、選手個々の力の足し算で結果が出る訳ではありません。


松江農林との試合は、

松江農4-5X松江商業、10回裏のサヨナラ勝ちで勝利しましたが・・

途中の経緯は・・・相手のエラーで勝たして頂いた感があります。


決勝は、あの開星高校との対戦。

甲子園で一躍人気者になったエース白根君。

先発こそしませんでしたが、4番ファーストで出場し

1回表、いきなりのレフトへの2ランホームラン・・・


何だか打球音が・・違う!


7回には白根投手の登板。

甲子園から戻り、まだまだ練習不足でしょう、MAX143キロ。

松江商業も食い下がり、ヒット数では開星を上回ったものの

ここぞ・・の1本の差が大きく 7-1で敗戦。



9月1日には、秋季大会の抽選が行われます。

これは、最終的には来年の選抜大会に繋がる大会です。


県大会1次予選は、9月10日~12日。

浜田、浜山、松江の会場に別れて戦います。


県大会2次予選は、9月18日~19日。

浜山、松江の会場で


県大会3次予選は、9月25日~26日。

会場は浜山球場。

ここで、ベスト4に入ると・・・


今年は、中国大会が島根県。

地元開催の為に4チームが中国大会へ出場出来ます。

中国大会は、10月22日~24日に中国5県の強豪が

浜山球場、松江市営球場で選抜出場を掛けて激突します。


早いもので、夏の大会が終わるとすぐに来春の甲子園を目指すのです。

2年生の息子にとって、高校野球も残すところ1年になりました。

1年間、怪我に泣かされながらやって来ました。

入部以来、両足5箇所の肉離れ、昨年の夏には右手親指の骨折。

元々、右股関節に持っている『バネ股』の障害・・・


さすがに、昨年の秋口には練習鬱になり・・野球部をやめるかな?

と思いました。


体を誤魔化しながら鍛える・・・結構、あちこち無理が出るもので

右股関節を庇うことから始まった筋肉の怪我の影響で、

右足より左足が太く、背骨周辺の筋肉は明らかに左側が盛り上がっている。

体の左右の筋肉バランスが狂っているのです。


まだまだレギュラー入りどころか、ベンチ入りが20人制限になると

ベンチにも入れない事が多々ある。


先日、盆休みに中・高の友人にばったり出会い、息子の野球の話になった


『お前の血は・・現れないか?』と、真面目な顔で聞く。


『やかましい!』 と、一喝。


野球のセンスは兎も角、

高校1年の途中で野球をやめた私から見れば・・・

苦しみながらも懸命に続けている息子には、頭が下がる。


しかし、努力の程度は・・・確かに低い!(笑)


今週末には、徳島の池田高校が松江商業に練習試合に来ます。

『やまびこ打線』で一世を風靡した、元ジャイアンツの水野投手の母校がやって来ます。


昭和46年夏、浜田高校は春に続き甲子園に出場した。

あの梨田さん(現:北海道日本ハムファイターズ監督)の時代です。


1回戦で池田高校と対戦。

甲子園初出場の池田高校は、わずか11人でやって来て大暴れ!

『さわやかイレブン』 と称されたのです。

 名物監督、蔦監督が鍛え上げたチームです。


ここ数年、池田高校の名前を甲子園で聞く事もなくなりましたが・・・・

楽しみです!


早朝の気候は、多少心地良くなってきました。

暑かった夏、まだまだ終わりそうに無いですが、すでに秋冬に向けての活動をせねばなりません。


夏から秋へ・・・・カレンダーとイベントは確実に進んでいきます。

残暑なんぞ蹴散らかして進まねばなりません!


1 件のコメントがあります。

  1. […] 松江地区では4つのゾーンに別れて行われました。 … http://scs-gotsu.com/?p=1980 山陰中央新報 江津販売所 http://scs-gotsu.com/ […]

トラックバック URI | コメント RSS

コメント

«  |  »