『いきさつ』

10月062010

モチベーションの持続

投稿者: 16:45:48 カテゴリ:所長ブログ(New)

2010年10月6日(水)


9月の当ホームページの記事更新が2件・・・・


ひぇ~! びっくりした・・・・


そんな大層な事ではないのですが、月に2回とは・・・いけませんネ!

数少ない固定訪問者の数名から、温かいクレームを頂いております。


すいませんね~!


山陰中央新報江津販売所の所長として掲載すべきモノとそうでないモノ。

日々の活動の中で、『石本光史』の個人ブログであれば、何でもかんでもOKでしょうが、そうも行かず・・・・なんて考える事が多くてね。


明日にしよう! が続く訳ですね。




頭の中は、アクティの営業戦略と、新聞販売所の顧客獲得の為の戦略が、24時間、ぐるぐると回り続けていおります。

それを、ラフで企画を想定する。

見直しをする。(ボツにするモノも多い)



24時間はオーバーですが、事ある毎に頭の中で、あらゆる構想や瞑想、妄想を繰り返していると・・・・


『おっ~!これだ!』 ていう瞬間が来ます。


次の瞬間から、あらゆる展開の場面が頭の中で駆け巡るのです。

そして、あらゆる詳細なプランの作成を行います。


数日から数週間に及ぶ事も多々あります。


そして、何度かの行き詰まりに直面、

そして・・・・最終的には、廃棄する事も多々あります。


そして、また次なる、瞑想、妄想から、次のプランを展開。



このように、最終的に実行するまでに、かなりの思考錯誤を繰り返します。

だから、ボツにしてから、それから次を考えるようじゃ経営なんて出来ない訳ですから、常に、5~10個くらいのプランを頭の中でこねくり回しているのです。



その事は、企画立案を担う者なら誰でも当然なのですが・・・

その頭の中の、ぐじゃぐじゃが上手く整理できない時期が必ず発生します。 

周期的な事ではなく、ボツ案件を連続した時かな?


ある日、ふと気付くと・・・ペースが圧倒的に落ちていると感じます。

作業ペースというより、基本一人での作業が多いですからね。


企画書のたった1行の表現の決定に、1週間かかってしまったなんてのはザラにあります。


企画だけの躓きではなく、実行した事案にも振り回されます。


次々と打つ手が・・・当たり、大成功!! ならいいが、そうも行かず!



高いモチベーションの中にいる時は、自然に次々と、頭と手が動きます。

しかし・・・凡人である私は、この混乱に巻き込まれた時に、

結構モチベーションが下がり、停滞する事が多々ある。




何が言いたいのか・・・・?


9月に当ホームページへの記事アップが2件だった事の


言い訳をしておる・・・のです!  m(><)m





モチベーションといえば・・・・


松江商業野球部、16年振りに秋季県大会優勝しました。

10月22日からは中国大会への出場となります。


中国大会の結果次第では、来春の甲子園、選抜大会出場への可能性があります。


今夏の選手権島根県大会で、まさかの初戦敗退の屈辱を背負ったまま、新チームはスタートしました。


苦難を乗り越え、島根県№1の座を手にしました。


今、2年生の息子にとって最後の1年間となります。

1年の入部早々に 左右両足の ”肉離れ”、早々の戦線離脱。


中学2年の頃から右股関節に『ばね股』(バネコ)という障害が発生してから、無意識に股関節を庇っての走りは、足のあちこちの筋肉に大きな負担を掛けるようです。


症状は、息子は右投げ・左打ちです。

バットスイングする時、テークバック後、右足は地面をするように投手方向へ出し、ぐっと踏ん張って、股関節を右方向へずらしながら一気に回転します。

この時に、右大腿部の外側の一番大きな筋肉は、骨盤外側の骨の上を滑りながら動きます。

息子は、この時に大腿部の大きな筋肉が、骨盤外側の骨に引っかかります。一旦引っ掛かってから、次に、グキっとと音を伴って骨を越えます。


本人の感覚では、抜ける・・感じです。

右足で踏ん張れない状態。

そして繰り返していると鈍痛を伴ってきます。


自身で調整しながら、トレーニングと痛みとの戦い、ケアで和らげその繰り返しです。


1年生のスタートで出遅れた息子は、昨年の夏、新チーム結成直後、今度は右手親指を骨折・・・


常に充分なトレーニングが出来ないままに、無理をして再び大腿部の肉離れ。

また大きく出遅れ・・・いや出遅れではなく、大きく差をつけられた!


次第にやる気も失せると思う。


しかし、誰よりも頑張ってるとは、とても言えませんが、最近やっと通常の練習に参加できているようで、元気です。


この秋季大会はベンチ入り20名と限定されます。

当然にベンチ入り出来ず!


しかし、温情でしょうが・・・県大会の準決勝、決勝とベンチ入りを許されました。


今、息子のモチベーション・・・・高いです。


人は、叱られて、叱られて・・・高いモチベーションを持ち続ける事は困難ですが、結果が出始めると、自ずと高まってきます。

そして、より努力が出来るのです。


諦めず、腐らず、ふて腐れず・・・我が子ながら、良く頑張ったなと思います。


中国大会は、ベンチ入り18名。

さすがに、今回は温情では無理でしょう。

全部員が、全く同じ力量を持っていても同じ事。


人数以上に部員がいれば、ベン入り出来ない者は当然いる訳であり

ベンチ入りしても出場機会のない者もいます。


出場する者のプレッシャーは結果を出す為の辛さ、

出場出来ない者の辛さ、スタンドで応援に徹する者の辛さ、

それぞれが、それぞれの辛さを背負い、大会に臨みます。


昨日、夕方のNHK松江放送局の『しまねっとニュース610』

中国大会出場の島根代表4校の取材が放映されました。


県優勝の松江商業は、練習風景も放映。

その中で、結構なアップで・・・・・・


バント練習風景、 『お!晃洋だ!!・・』


バントした目線が・・・上方向へ。

失敗の様子・・・・次の瞬間、

奴はカメラの方向へ向かって・・・ニッコリ笑って、舌出してました。


NHKさん、『失敗して笑ってる場合か!』と、監督に叱られそうですが・・・



中国大会は、

<島根県>

①松江商業 ②大社高校 ③出雲高校 ④安来高校


<鳥取県>

①鳥取育英 ②八頭高校 ③鳥取商業


<山口県>

①岩国高校 ②徳山商工 ③宇部鴻城


<広島県>

①尾道高校 ②国際学院 ③総合技術


<岡山県>

①関西高校 ②創志学園 ③学芸館


島根県は開催県の為、4校出場。

全16校で、10月22日から始まります。



松江商業は本日から3日間、中間試験です。




すっかり、モチベーションが下がると思います!(トホホ・・)



 


4 件のコメントがあります。

  1. (松農親父) 2010/10/06 22:28:42

    もっちゃん(晃洋君)は頑張ってますよ!
    彼同様、うちの子も諦めず・腐らずに高校球児を続けて欲しいものです。
    せっかくモチベーションが高まっていたのに…試験ですか(笑)

    秋季大会~選抜大会には『全く無縁』の松農親父ですが、松江商業を応援してますよ!
    目指せ!甲子園!!

  2. 所長 2010/10/07 2:06:59

    松農親父さん>

    ありがとうございます。
    正直な所、親としては切ないものもありますが、やるのは彼ですから・・・叱咤激励するしかありませんね。

    翔悟クンも同じですよね!
    互いに頑張る姿を応援しましょう!!

    目指せ甲子園!

  3. 懐かしき友 2010/10/07 12:55:21

    所長 様

    松江商業、優勝おめでとう!

    そうか、中国大会の結果次第で選抜出場か。
    ベスト4に残れば可能性大?

    目指せ甲子園!ガンバレ松江商業!
    ついでに岩国もガンバレ!

    追伸
    心なしか煙草減りました。
    ひどい値上げだと改めて怒ってます。

  4. 所長 2010/10/07 13:38:09

    懐かしき友さん>

    ありがとうございます!

    貴殿の母校『岩国高校』も、山口県優勝です。
    おめでとうございます!!

    選抜大会は、中四国で5枠が標準のようですね。
    中国3校、四国2校のパターンが多い。
    両地区3校の時もあるし、中国4校の時もあった・・・

    選考基準は良く分かりませんが、
    基本的には、中国大会の結果も選考要素!という事のようです

    一般的には、優勝、準優勝はほぼ決定。
    その後は・・・・

    21世紀枠とかの特別枠でない場合は、やはり中国地区ベスト4は最低要素でしょうね。

    煙草・・・・自分の意思と自分のタイミングで止めてやろう!
    と、・・・密かに思っています(小声ですが・・)

トラックバック URI | コメント RSS

コメント

«  |  »