『いきさつ』

12月052010

緊急体制に多少の落ち着きが

投稿者: 8:12:34 カテゴリ:所長ブログ(New)

2010年12月5日(日)


山本主任が緊急手術の為に入院した11月30日から、店内は緊急体制を継続している。


鎖骨骨折の痛みに耐えながら、代配手続きを、彼が自ら3名の他のスタッフに依頼したものの・・・・やはり集中力を欠いていたのでしょう。

手配漏れが発覚し、その対応に混乱しました。


丁度、月の変わり目で読者の異動(入り・止め)情報が彼の頭の中にだけあって、事務方に届いていないものもあり・・・

私も、松江・江津を行ったり来たりで、ほとんど張り付き状態です。


本日で、5日目の朝を迎えます。

その間、読者から『新聞が入ってないよ!』の電話は、3件。


勿論、1件もあってはいけませんが、今回だけは大量のクレームを覚悟していただけに一安心しました。

というのも、山本主任が受け持っているものは

特殊事情のある配達分が結構あるのです。

へんぴな場所、早い時間帯の配達指定、他のスタッフが何度も不配してしまい『今度、入れ忘れたら、やめるぞ!』・・・

みたいな特殊事情の配達分を多く抱えています。


彼の方は、12月1日の午前中10時から手術の予定が、夕方4時30分頃からの開始となったようですが、手術は無事に終了。

現在もリハビリの為に入院しています。


昨日(12/4)、やっとお見舞いに行く事が出来ましたが

後数日の入院が必要なようでした。


お見舞いの言葉もそこそこに、確認事項が山ほど・・・・

1時間程度、色々と話をして江津販売所へ戻りました。


あらゆる業種の管理責任者という者は、色々な局面に対して自らが対応する能力は高い。

しかし、自らが緊急リタイアする場面が発生した時の対応には個人差が出る。


要は、自身の要件を他のスタッフに任せる事が不得手な人が、緊急リタイアした場合は、その引継ぎ対応に混乱をきたす事が多々あります。

今回の場合は、まさにソレ。

山本主任は、配達業務においては非常に繊細で配慮が出来るタイプです。

同時に、他人に任せるより自分でやった方が、早くて正確だ・・というタイプであり、自分が絶対にリタイアしない!

と、強く思っています。


しかし、不測の事態は発生します!

彼も、私も、事務方も・・・改めて見直しをすべき事もあります。

そういう意味では、非常に良い機会としたいものです。



冷静に考えて見ると・・・

平成19年5月に母の急逝後

緊急に、私が江津販売所の経営を引き継ぎ

翌年の6月には、所長代理として信頼していた平中さんを不慮の事故で失い・・・・


ず~っと緊急体制の中に居る感があります。


さて、山本主任が退院復帰しても、鎖骨骨折ですから

新聞販売所のスタッフは、新聞を一部づつ持って仕事をする訳でなく

大量の新聞やチラシを一気に持ち運ぶ場面が多い。


重い新聞を抱えたり、重いチラシを抱えたり・・・・

何かと支障をきたす事が充分に想像できます。


12月下旬の大混乱期にどれくらい回復しているのか・・・・


心配の種は尽きない!!


2 件のコメントがあります。

  1. ぺがさす 2010/12/07 11:14:26

    今日(7日)の新聞見ました。
    相変わらず写真映りが良くて感心しております(笑)

    山本主任の経過はいかがでしょうか?
    今週は寒くなりそうなので皆さん、お身体にお気をつけ下さい。

  2. 所長 2010/12/07 13:10:55

    ペガサスさん>

    お久しぶりです!

    見てもらえました? 
    新聞の写真、極端な遠近法の技法でしょうか?
    やけに私の顔がでかい・・・

    山本の件、ご心配頂きありがとうございます。
    まだ浜田の医療センターに入院しておりあすが、経過は順調のようです。

    本日の松江は雨ですが、結構冷え込んでいます。
    タイヤも冬タイヤに交換されたようですね。私もそろそろ準備しなきゃ・・と思っています。

トラックバック URI | コメント RSS

コメント

«  |  »