『いきさつ』

6月302011

最後の夏に

投稿者: 11:28:03 カテゴリ:所長ブログ(New)

2011年6月30日(木)


ここ数日、真夏日が続いている。

梅雨入りは早かったものの、山陰地方では豪雨もなく意外に過ごし易い梅雨かな・・?


なんて思っていたら・・・とんでもない!


昨年の暑い夏の再来か? しかも、こんな早い時期から・・・


節電意欲は高いとはいえ、命がけの節電はまずい訳で

適度な涼感は必要であり・・・電力需要が高まるのは必然。

(原発推進派においては・・・・我慢できますか? て感じかな)




さて、明日、7月1日は、

全国高校野球選手権島根大会の組合せ抽選日です。


久しく息子の野球記事をアップしていませんでしたが

松江商業野球部に所属する晃洋の最後の夏が始まります。


昨秋の秋季大会では島根県チャンピオンに輝いた松江商業

今年の春季大会ではベスト8。


夏の大会では、第3シード校として出場です。

戦前予想では騒がれすぎず・・・集中できる状況にあり大いに期待できる大会になりそうですね。


7月15日から熱戦が繰り広げられます。



早いもので、息子の高校野球も最後の夏。

思えば、入学早々からケガの連続、持病の『バネ股』という股関節の病気を抱え、それを庇いながらの激しい練習は、他の筋肉部位を徐々に痛めつけ・・・その繰り返しの2年間でした。


昨年の春、春休みの間に『バネ股』の手術をする事を前提に医師とも相談しました。

その手術のリスク、そのリハビリ期間の長さを考慮し、

高校生として、また野球部員として、その間に失うモノの価値観を話し合い


手術はしない事にしました。


それは同時に、常に股関節の鈍痛や下半身の疲労との闘いを選択したことでもあります。

ストレッチを中心とした日々のケアは、欠かせぬものとなりましたが・・・

余りに状況が厳しい時は、女房にマッサージをお願いしていたようです。


この『バネ股』のせいで、無意識に常に太ももには余計な力を入れて活動せねばならないのです


その結果・・・太ももは太い! しかし、俊足ではない!(笑)

幾度なく肉離れを起こした太ももの筋肉は、断裂痕が何箇所もコブになり凄まじい。


下半身の逞しさの割りに、上半身が貧弱なのが気になるが、

ここに来てやっと少しだけ上半身にも逞しさが出始めたようです。

(ちょっと身体の成長が遅かったね~残念!)



正味2年4ケ月の間に、まともに練習できた期間は少なく

いつもどこかに怪我を抱え、時には隠し・・・励んで来た。


2年生の時に、『ひょっとしたら・・退部するかな?』と思えた時期がありましたが、何とか乗り越えた。


そこは、チームメイトに感謝しています。

決して、言葉優しく庇い合うチームメイトとは思えませんが・・・・

息子にとって、止めたくない理由に、仲間との関係はあったんだろうと思います。


今、日々の練習や練習試合に溌剌と向かっている姿は、晴れやかです。



最後の夏、ベンチ入りは困難かもしれないが・・・

悔しい思いも充分乗り越えてきたのだから、自身の立場が如何なるものになろうと、堂々と清清しく、最後の夏と戦って欲しい!




高校1年の夏の大会前、監督と喧嘩して、大好きな野球を止めた私とは比較のしようもありませんが・・・・



苦闘の2年間を、また、松江商業野球部員として3年間を過ごす事と

なるであろう我が子を、大いに褒めてやりたいと思います。


最後の夏   行くぞ! 甲子園!!

7 件のコメントがあります。

  1. (松農親父) 2011/06/30 22:16:08

    お互いに最後の夏を迎えることになりましたね。
    我が子も何とか松農野球部員として3年間を過ごせそうです。
    ベンチ入りは?????ですけどね(笑)
    最後の大逆転を狙って頑張っているようです。
    おっしゃる通り、結果はどうであれ堂々と最後の夏を戦ってほしいものです。

    そんな我が子の姿に・・・涙してしまうのかなぁ(苦笑)
    親バカも最後の夏です。

  2. 花田屋 2011/06/30 23:03:26

    早いよね。
    もう3年生、最後の夏ですか。

    入学前に、親子で硬球を使ってキャッチボールをしていたのを思い出します。

    目の前に甲子園が来ています。
    最後の戦いを楽しみにしています。

    去年、晃洋君に
    「来年、甲子園に連れて行ってくれよ。」と言ったら
    「OKです。」と言っていた言葉を信じています。

  3. 所長 2011/07/01 8:07:47

    松農親父 さん

    親バカ最後の夏ですね!

    中学では一緒に、高校では別々になりましたけど楽しい期間でしたね。
    互いに、我がチームと同様に気になるチームとして応援し合いました。結果として中学の野球部からは2名だけが高校で野球を続けてた訳dすから・・・・

    しかも他中学の子達とは、技術的にはスタート時点でかなりの遅れを取っての始まりでしたからね~

    互いにの子を、心から褒めてやりましょう!

  4. 所長 2011/07/01 8:17:13

    花田屋さん>

    ええ、早いものです!

    当時の私は、長患いの五十肩の直りかけの頃でした。
    息子の今の体格、体調が1年時に形成できていれば、彼にとってはまた違った高校野球を体感できたかもしれません。

    しかし、この苦闘の期間は今後の彼の人生において何がしかの良い影響を与えるだろうと思っています。

    今週の火曜日から明日まで期末考査。
    高校3年の1学期の成績は今後の進路評価に大きな影響を与える試験でもあり、高校球児にとっては苦しい時期でもあります。

    幸いにも、甲子園出場の可能性のあるチームで最後の夏を向かえる・・・幸せなことです!!

  5. ぺがさす。 2011/07/01 13:34:24

    久しぶりにコメントします♪
    東部より西部の方が暑いんですかね~

    最後の夏ですね。
    そういえば、中3の夏?初めて試合を見にいかせてもらったことを思い出します(高校の試合は一度も見れていませんが・・・)
    確か事故があった試合だったような・・・
    高校時代、帰宅部だった私にとってみれば、本当に羨ましい限りです。

    晃洋くん、悔いのないように頑張って下さい♪

  6. 所長 2011/07/01 13:43:48

    ペガサスさん>

    久しぶり! 東部も・・西部も・・暑いかと思います。
    本日は、打って変わって雨天。扇風機回していると涼しい感じです。

    そうでしたね・・・松江市営球場の中3の試合に始めて観戦して貰った時
    左中間のフライの捕球時にレフトの息子とセンターの子が激突し、センターの子がそのままタンカで病院に運ばれた事故でしたね。

    息子は、耳の後ろの骨を骨折しながらも最後まで頑張った試合でした・・・

    早いですね。

    父上の様子・・心配しております。

  7. ぺがさす。 2011/07/01 15:20:24

    ご心配いただき、ありがとうございます。
    12日が手術なので11日会社終了後、帰省します。
    12~13日2日間の休暇を予定。
    どちらかでまたお邪魔させていただきます。

トラックバック URI | コメント RSS

コメント

«  |  »